「 必要書類 」一覧

アコムでお金を借りるときの必要書類

アコムでお金を借りるときには、いくつかの書類の提出を求められます。
貸したお金をきちんと返してくれないと困りますので、「どこの誰であるか」「本当に返せるのか」ということを証明できる書類が必要になるためです。

「どんな書類を用意すればいいの?」「提出しなかったらどうなるの?」ここではそんな疑問を解決するために、アコムでお金を借りるときの必要書類について、その基本的な考え方を説明します。

このページでわかること

アコムでお金を借りるときに必要になる書類は、本人確認書類と収入証明書類の2点です。
収入証明書類は借入額が50万円を超える場合、もしくは他社からの借入れも含めて100万円を超える場合に提出しなくてはいけません。
50万円以下の小口融資の場合で他社からの借入れがない場合は必要ありません。

書類は審査もしくは契約前に必要になりますので、提出しないと融資を受けることができません。
スピーディーな融資を受けたいのであれば、申し込み前に用意しておきましょう。

申し込みに必要な書類

申し込みに必要な書類は、申込者が誰なのか分かる本人確認書類と確実に返済できるだけの収入があることを証明する収入証明書類の2点が必要になります。
それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

本人確認書類

本人確認書類として使えるのは運転免許証です。
ただし、運転免許証を持っていないという人もいるかと思いますので、その場合は個人番号カード(マイナンバーカード)や健康保険証などで代用できます。

ただし保険証のように顔写真がないものや、引越手続きをしていないため現住所と異なる住所が記載されている運転免許証の場合は、追加で下記いずれかの書類の提出が必要になります。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか)
  • 納税証明書

いずれも発行日もしくは領収日から6ヶ月いないものもが対象になります。

収入証明書類

  • アコムで50万円を超える契約を行う
  • アコムと他社からの借入れ総額が100万円を超える

上記いずれかの条件に該当する場合は、収入証明書類の提出が必要になります。
他社からの借入れがなく、なおかつアコムからの借入額が50万円以下であれば収入証明書類の提出は不要です。
提出する書類は下記の中から1点となります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1ヶ月)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

給与明細書を提出する場合は、「本人の氏名」「発行年月」「勤務先名(発行元)」「月収」の4点が記載されていることを確認してください。
また、住民税の記載がない場合は、直近2ヶ月分の提出が必要です。
また賞与明細書がある場合は、直近1年分もあわせて提出してください。

どのタイミングで提出するの?

書類の提出のタイミングは申込方法によって、少し違いがあります。
申込方法ごとの提出するタイミングは次のようになります。

スマホ・ケータイ:申込み直後
パソコン:申込み直後
店頭窓口・むじんくん:来店時
電話:審査回答後、契約時
郵送:申込書類返送時

どうやって提出するの?

店頭窓口やむじんくん、郵送などの場合は提出方法が限られていますが、インターネットから申し込む場合には、いくつかの提出方法が用意されています。

カメラで撮影しアプリで送信

書類をスマホなどのカメラで撮影し、アコムアプリをつかって送信します。

インターネットからのアップロード

会員ログインページからアップロードします。

店頭・むじんくんコーナーに持参

書類の現物を持参して、店頭もしくはむじんくんで提出します。

FAXで送信
収入証明書類に会員番号を記入してFAXで送信します。

専用封筒で郵送

アコムの店舗などに設置されている専用封筒を使って、コピーした書類を郵送します。

提出しなかったらどうなるの?

アコムで申し込みをしたときに、少しでもステータスを高く見せようとして、年収を高くして申し込みをしてしまう人がいます。
そういうときに収入証明書類を提出すると虚偽の申告をしているのがバレてしまいますので、なんとかして収入証明書類を出さないようにしたいと思いますよね。

でも必要書類を提出するタイミングからも分かりますように、書類が提出されなければ審査が始まらないか、もしくは契約ができません。
いずれにしても、審査落ちという形になって融資を受けることができません。
絶対に虚偽の申告はせず、速やかに書類の提出をしてください。

また、本人確認書類も含めて申し込み時には揃えておきましょう。
契約後に提出する金融機関もありますが、アコムは審査や契約前に提出しますので、提出を求められて焦らないように事前準備をしておきましょう。