「 学生 」一覧

学生がお金に困ったらアコムを使う?それとも学生ローンを使う?

学生生活を充実させようとすると、思った以上にお金がかかりますよね。
サークルの活動費や飲み会のお金、デートするのだってお金が必要になります。
アルバイトをするにしても学業がありますので限界があります。
そんなときに頼りたくなるのが、アコムなどの消費者金融ですよね。

「学生でもアコムで借りられるの?」「学生ローンのほうがいいんじゃない?」ここではそんな疑問を解決するために、学生がアコムでお金を借りるための基礎知識と、学生ローンとの違いについてご紹介します。

このページでわかること

アコムでも未成年でなければ学生がお金を借りることができます。
ただし、借りられる金額はとても少なめで、扶養控除を意識して収入を減らしている場合は、10万〜20万円くらいしか融資を受けられません。

アコムよりも学生ローンのほうが金利も低くいのですが、社会人になってからも利用する可能性を考えれば、使い勝手のいいアコムの利用がおすすめです。

アコムなら用途自由で学生でも借りることができる

アコムが融資できる対象としているのが、安定した収入がある人です。
パートでもアルバイトでも毎月一定額の収入がある場合は、融資対象者として見てもらえます。
金融機関によっては「学生NG」としていることもあることを考えれば、アコムは学生にとって強い味方です。

ただし、未成年の場合はアコムからお金を借りることはできません。
アコムだけでなく、ほとんどすべての金融業者が未成年への融資を行っていません。
これは民法により、未成年とは契約を結ぶことができなくなっているためです。

20歳以上でアルバイトなどの収入さえあれば、アコムでも学生でも問題なくお金を借りられるのだと覚えておきましょう。

学生が融資を受けるために必要なこと

20歳以上なら学生でもアコムは融資してくれますが、もちろん誰にでも簡単にお金を貸してくれるわけではありません。
先ほど述べたように、アルバイトをして安定した収入のあることが、利用するための最低条件です。

審査を通過させるためには、その他に重視されるポイントがあります。
どのような点をチェックされるのか見ていきましょう。

借入希望額をできるだけ少なくする

学生の場合はアルバイトをしていても、1年間で103万円までに抑えるように親に言われているのではないでしょうか。
この金額以上稼ぐと、親の扶養控除から外れてしまいますので、親の税金が高くなります。
また、アコムからお金を借りるときには、総量規制というルールにより、年収の1/3までしか借りることができません。

103万円の制限と総量規制を組み合わせると、学生は最大で34万円までしか借りることができません。
重要なのはこれが最大値ということで、初めての利用の場合はさらに融資可能額は少なくなります。
アコムから借りることはいえ、審査を通過できる融資可能額は10万〜20万円だと考えておきましょう。

同じ職場で1年以上働く

アルバイトでも仕事をしていれば融資の対象となりますが、アルバイトは簡単に辞めることができます。
辞められると返済が滞りますよね。
アコムの審査では簡単に辞めない人かどうかを判断する材料のひとつとして、勤続年数をチェックします。
勤続年数は少なくとも半年、できれば1年くらいないと審査ではマイナス評価となります。
金融業者によっては、利用条件に「◯年以上」といった明確な基準を設けていることもあります。

このため、アルバイト先を転々としている人は、いくら収入があっても、融資を断られる可能性が高くなります。
できるだけ同じ職場で1年以上働いてから審査を受けてください。

アコムと学生ローンはどう違う?

大学に生協などがある場合には、掲示板などに学生ローンのポスターなどが貼られているのではないでしょうか。
学生ローンはアコムと比べるとどのような違いがあるのでしょう。

金利の違い

アコムで30万円くらいを借りるときの金利は年18%です。
これに対して学生ローンの場合は、年17%くらいで融資を受けることができます。
借りる金額は少ないので、1%の金利差はそれほど影響しませんが、同じ借りるなら低金利というのがローン選びの基本です。
金利面だけで考えるなら、学生ローンがおすすめです。

審査の違い

いずれも審査はありますが、学生ローンは学生をメインの顧客としているため、アコムよりも融資を受けやすくなっています。
ただし、借りられるのは年収の1/3までですし、収入がない人には融資をしてくれません。
もちろんブラックリスト入りしている人は、どちらからも借りられません。

使い勝手の違い

学生ローンは店舗にもよりますが、融資と返済が銀行振込や店舗での融資にしか対応していないケースも珍しくありません。
アコムのようにローンカードを使って、手軽に借りたり返済したりということができません。
アコムなら社会人になれば、融資可能額も増やすことができますので、長期利用を考えると使い勝手のいいアコムがおすすめです。

学生がアコムで借りるときの注意点

アコムは学生でも利用できますが、学生ならではの利用上の注意点があります。
どのような点に注意して利用すればいいのか、しっかり頭に入れておきましょう。

滞納は絶対にしない

「少しくらい返済が遅れてもいいだろう」そういう甘い考えは捨ててください。
返済は絶対に遅らさないようにしましょう。
1,2回返済が遅れるくらいならまだ「よくあること」で済ましてくれますが、頻繁に返済が遅れたり、滞納したりすると一括返済を求められることがあります。
また悪質な滞納や遅延はブラックリスト入りにつながります。
学生のうちにブラックリストに入ると、社会人になってもクレジットカードを持てないといった、とても不便な思いをすることになります。
借りたお金はきちんと予定通り返済しましょう。

アルバイト先に連絡があることを伝えておく

アコムでお金を借りるときには、在籍確認ために職場に電話がかかってきます。
大きな店舗でアルバイトしている場合は、電話を受ける人がアルバイトの名前まで覚えていない可能性があります。
そこで「◯◯というものはおりません」と言われると審査落ちしてしまいます。
必ず職場で電話を受ける人に、個人宛の電話があることを伝えておきましょう。
お金を借りることを秘密にしたい人は「クレジットカードを申込んだので、個人宛の電話があるかもしれません」と伝えておきましょう。
そうすれば職場の人に怪しまれることなく、在籍確認を済ませることができます。