「 モビット 」一覧

お金を借りるならアコムとモビットのどっちがいい?

消費者金融でお金を借りようと思ったときに比較検討をしても、ローン商品に詳しい人でないとその違いがよくわかりませんよね。
そういう人のために、ここでは消費者金融大手のアコムとモビットの違いについてご紹介します。

「どちらも無利息期間はあるの?」「審査に通りやすいのはどっち?」ここではそんな疑問を解決するために、アコムとモビットのローンについて様々な角度から比較していますので、ぜひ消費者金融選びの参考にしてください。

このページで分かること

アコムとモビットのローンは金利も利用限度額も同じですが、細かい部分では違うところがいくつもあります。
アコムは返済方法の自由度が高く、モビットはWEB完結を利用することによって、職場への在籍確認の電話を回避することができます。

いずれも大きなメリットですが、成約率を考えるとアコムのほうが融資を受けられる可能性が高くなります。
お金を借りることを誰にもバレたくない場合はモビットがおすすめですが、確実に融資を受けたいという場合にはアコムを選びましょう。

商品概要の比較

それではまず、アコム「カードローン」とモビット「モビットカード」の商品概要について、その内容を比較していきましょう。

金利比較

アコム:年3.0%~18.0%
モビット:年3.0%~18.0%

アコムもモビットも金利は変わりません。
融資限度額も同じ800万円ですので、基本的には同等の金利だと考えてください。
このため、金利面ではどちらが有利ということはありません。

融資限度額比較

アコム:800万円
モビット:800万円

融資限度額も金利同様に違いはありません。
いずれも800万円まで借りられるようになっています。
ただし、実際に800万円借りられるというわけでありません。
アコムもモビットも貸金業ですので、総量規制の対象となっています。

いずれの場合も年収の1/3までしか貸付けを行ってくれません。
このため、年収が300万円であれば、アコムもモビットも100万円が実際の融資上限になります。
800万円借りる場合には、年収が2400万円必要ですので、ほとんどの人にとって融資限度額はあってないようなものです。

無利息期間比較

大手消費者金融の多くが無利息期間を設けて、借りやすさをアピールしていますが、アコムとモビットの場合はどうでしょう?

アコム:契約日の翌日から30日間
モビット:なし

アコムは契約した翌日から30日間、無利息でお金を借りることができます。
すぐに返済する場合には、利息ゼロで借りられます。
一方、モビットは大手消費者金融では珍しく、現時点では無利息期間を設定していません。
たった30日間ですので、それほど高額な利息差にはなりませんが、短期間できるめどが立っている場合は、アコムで借りるほうが有利です。

審査時間比較

消費者金融の特徴としては、審査の早さが挙げられます。
アコムもモビットももちろん、審査スピードに力を入れていますので、いずれも最短30分で審査が終わります。
審査スピードという点では、両社に違いはありません。

利用条件比較

アコム

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入と返済能力を有する

モビット

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入がある

アコムは「返済能力を有する」となっていますが、実際にモビットでも返済能力がない人にはお金を貸すことはまずありません。
当然のこととして記載していないだけですので、利用するための条件はアコムもモビットも同じだと考えてください。

安定した収入がある20歳から69歳までが利用でき、専業主婦のように収入がない場合には利用できません。

申込方法比較

アコム

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • 来店

モビット

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • 来店

アコムとモビットで申込方法に大きな違いはありません。
ただし、無人契約機の営業時間に少し違いがあります。

アコム:8:00~22:00
モビット:8:00~21:00

モビットはアコムよりも営業時間が1時間短く設定されています。
即日融資を受けたい場合には、この1時間の差が大きくなることもあります。
急ぎでお金を借りたいという人は、営業時間がモビットのほうが短めだということを把握しておきましょう。

借入方法比較

アコム

  • 振込
  • ローンカード

モビット

  • 振込
  • ローンカード

借入方法はいずれも同じです。
パソコンなどを使って、指定口座に振込してもらうこともできれば、ローンカードを利用して提携ATMから借り入れすることもできます。
ただし、モビットのWEB完結で申し込みをした場合には、ローンカードが発行されませんので、その場合は振込みでしか借り入れはできません。

返済方法比較

アコム

  • インターネットから銀行振込
  • ローンカードを使ってATMから返済
  • 店頭窓口で返済
  • 指定銀行口座への振込み
  • 口座から自動引落

モビット

  • ローンカードを使ってATMから返済
  • 指定銀行口座への振込み
  • 口座から自動引落

アコムには豊富な返済方法がありますが、モビットの返済方法はそれほど多くありません。
モビットでは、ローンカードを利用して提携ATMから返済するか、指定口座への振込、そして口座振替のいずれかの返済方法になります。

シンプルでわかりやすいというメリットもありますが、口座振替の利用は三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行もしくはゆうちょ銀行の口座しか対応していません。
他の銀行を利用している場合には、自動振替での返済ができませんので注意してください。

返済日比較

アコム

  • 指定日(月1回)
  • 35日ごと

モビット

  • 5日、15日、25日、末日

アコムは指定日もしくは、35日ごとの返済が可能です。
35日ごとの返済は、返済をしてから35日以内に次の返済を行います。
35日経ってから返済してもかまいませんし、お金に余裕があるなら翌日に返済してもかまいません。
返済をしたら、また35日後までは返済期間になります。

返済をどんどん前倒しできるというメリットがありますが、返済期日が常に変わるため、返済日を忘れてしまう可能性があります。

これに対して、モビットは4つの指定日から返済日を選びます。
アコムほど自由度はありませんが、4日もありますので、それほど不都合を感じることはないはずです

審査の通りやすさ比較

成約率

アコム:48.0?48.5%
モビット:41.0?44.3%(SMBCコンシュマーファイナンス全体)

比較をするときに気になるのは、審査に通りやすいかどうかではないでしょうか。
アコムとモビットのどちらが審査に通過しやすいか、成約率で比較してみました。
モビットはモビット単体ではなく親会社でもあるSMBCコンシュマーファイナンス全体での成約率ですが、明らかにアコムのほうが成約率は高めです。

単純比較というわけにはいきませんが、数万人という申し込みがある中での成約率ですので、傾向としてモビットのほうが審査は厳しいことが分かります。
ただし、審査基準がそれぞれに違いますので、アコムで審査落ちしてもモビットで融資してもらえるというのはよくあります。

ひとつの指標として、アコムのほうが審査に通過する人が多いのだと覚えておきましょう。

アコムとモビットのメリット

アコムとモビットの商品情報としては、かなり似ているところが多く、一長一短という感じもしますよね。
ただし、その中でもそれぞれにしかないメリットの部分もあります。
比較検討のために、どのようなメリットがあるのかを挙げてみます。

アコムのメリット

  • 30日間の無利息期間がある
  • 返済方法の選択肢が多い

アコムにあってモビットにはない魅力のひとつが、30日間の無利息期間の存在です。
30日以内に全額返済できれば、利息は1円も発生しません。
実際には長い期間かけて返済していくうちの最初の1ヶ月分だけですので、それほど大きな額にはなりません。
それでも条件がほとんど同じなら、無利息期間があることは、比較するときに大きなプラス要因となります。

また、アコムはモビットに比べて、返済方法の自由度が高いというメリットがあります。
返済日を指定できるだけでなく、35日ごとの返済というような、短期間での完済を目指しやすい返済方法も用意されています。

モビットのメリット

  • WEB完結なら在籍確認を書類で済ますことができる
  • 三井住友銀行内にあるローン契約機でカードを受け取れる

モビット最大の魅力は、WEB完結で申し込みを行うと、職場にかかってくる在籍確認の電話をなしにできるということです。
バレることはないとはいえ、消費者金融から職場に電話がかかってくるというのは、いろいろ不安ですよね。
モビットなら書類での在籍確認を行ってもらえます。

またプライバシー保護という意味では、ローンカードの受取りを三井住友銀行内にあるローン契約機でできるというのも大きなメリットです。
アコムならアコムの契約機でローンカードを受取りますが、契約機への出入りを誰かに見られないか気を使いますよね。

でもモビットなら三井住友銀行内のローン契約機ですので、知っている人に見られても、消費者金融から借りようとしているのではなく、銀行から借りようとしているのだと思ってもらえます。
消費者金融から借りることを周りに知られたくない人にとっては、大きなメリットですよね。

アコムとモビットのどっちがいい?

さて、ここまでアコムとモビットの比較をしてきましたが、結論としてどちらのほうがおすすめの消費者金融なのでしょう?
残念ながらすべての人に「こちらがいい」と言い切れるほどの差はありません。

周りの人にお金を借りていることをバレないようにしたいのなら、WEB完結や三井住友銀行内のローン契約機を利用できるモビットがおすすめです。
ところがモビットは成約率がとても低いというデメリットがあります。

ほんの少しでも審査に通過する確率を上げたいのであれば、モビットよりもアコムがおすすめです。
金利は変わりませんが、アコムで35日ごとの返済を選べば、いつでも繰り上げ返済ができる状態ですので、返済総額を減らしやすいというメリットもあります。
使い勝手の良さを優先したいのであれば、アコムがおすすめです。