自営業者はアコムでお金を借りられる?事業用途のお金を借りる方法

金融業者がお金を貸したくない相手のひとつが個人事業主です。
個人事業主の稼ぎ頭でもあるプロ野球選手でも、2軍の若手などは車を買うためのローンを断られたなんて話も耳にします。
それでは自営業者がアコムからお金を借りることはできるのでしょうか?

「アコムでも自営業者には厳しいの?」「事業用途のお金をアコムから借りられる?」ここではそんな疑問を解決するために、自営業者がアコムからお金を借りる方法について説明します。
また、事業用途のお金が必要になったときの考え方についてもご紹介しています。

このページでわかること

アコムでも自営業者がお金を借りることはできますが、総量規制もあってカードローンは年収の1/3までしか融資を受けられません。
安定した収入が約束されていませんので、会社員と比べると審査も厳しくなります。

もし事業用途で利用するのであれば、アコムのビジネスサポートカードローンや日本政策金融公庫で借りたり、ファクタリングを利用したりして資金調達をしましょう。

自営業者でも問題なくお金を借りることができる

アコムでお金を借りるための利用条件は次のようになっています。

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入と返済能力を有する

自営業者であれば、年齢制限で引っかかることはあまりないかと思います。
ですので、問題は「安定した収入と返済能力」です。
きちんと収益が上がる仕事をしていれば、返済能力も問題なくクリアできます。
自営業者が審査で引っかかるのは「安定した収入」です。

もし自営業者でも安定した収入さえあれば、アコムからお金を借りることができます。
ただし、この曖昧な表現が曲者です。
いくら収入があれば安定しているのか、明確な数字が示されていないので基準がわかりませんよね。

基本的には自営業者でもアコムからお金を借りることができるのですが、「安定した収入がない」として審査落ちするケースもあります。
その点について次項でもう少し詳しく説明します。

自営業者の審査が厳しい理由

アコムは貸したお金を、毎月一定額返済していきます。
仮に毎月2万円返すとするとしましょう。
自営業ですとある月の収入が30万円ということもあれば、5万円しかないというように波があることも珍しくありません。
30万円なら2万円の返済は難しくありませんが、5万円ですと返済が滞る可能性があります。

安定した仕事といえば、真っ先に公務員が思い浮かびますよね。
公務員はリストラされることもまずありませんし、勤め先が倒産するということもほとんどありません。
確実に毎月安定した収入がありますので、毎月コツコツ返済できます。

お金を貸すとするならどちらがいいでしょう?言うまでもないと思いますが、明らかに後者です。
公務員ほどではないにしても、会社員も基本的には安定収入が約束されていますので、自営業者よりも貸しやすい相手ということになります。

このため、年収600万円の自営業者が審査落ちして、年収300万円の会社員が融資を受けられるというケースもあります。
もちろん審査結果は他にも様々な要因によって変わりますので、働き方がすべてではありません。
ただ、このような理由で自営業者が不利だということだけは頭に入れておきましょう。

事業用途のお金を借りる方法

アコムのカードローンは、基本的には使用用途が自由です。
カードローンでは「事業用途不可」としていることがよくありますが、アコムの貸付条件にはそのような項目はありません。
ただし、カードローンの場合は、総量規制の影響を受けるため、年収の1/3までしか借りることができません。

新しい装置を導入したいというようなケースで、まとまったお金が必要になると、年収の1/3では足りないというようなケースもあるかと思います。ここでは、そんなときにどこから借りるべきかについて説明します。

アコムのビジネスサポートカードローンを利用する

まずはアコムのビジネスサポートカードローンの利用を検討しましょう。
この商品なら年収の1/3を超える融資も可能ですし、即日利用もできます。
もちろん審査もありますが、ビジネスにも利用できて、生活費の補填などにも使えます。
利用できるのは業歴1年以上の個人事業主のみですので、まさに個人事業主をサポートするためのローンです。
個人事業主に積極的に融資するための商品ですので、アコムで借りたい場合はカードローンではなく、ビジネスサポートカードローンを利用しましょう。

国からお金を借りる

アコムも個人事業主のサポートをしてくれますが、消費者金融ですのでやっぱり金利は高めです。
そういうときには国からお金を借りましょう。
国の政策のもと融資を行っている日本政策金融公庫なら、低金利で事業に必要なお金を借りることができます。
普通貸付でも融資限度額は4800万円まであり、その他にも用途に応じていくつもの融資制度が用意されています。
まずは事業資金相談ダイヤルか日本政策金融公庫の支店窓口で相談することから始めましょう。

ファクタリングを利用する

もし売掛金があり、その回収ができずに資金面で困っているのであればファクタリングという方法もあります。
まだあまり日本では定着していませんが、アメリカなどでは一般的な資金調達方法です。
簡単に説明すると、売掛金をファクタリング会社が買取り、ファクタリング会社は取引先企業から売掛金を回収します。
例えば未回収の100万円の売掛金があったとします。
ファクタリング会社はこれを90万円で買取ります。
そして取引先企業から100万円を回収します。

依頼した人はすぐに90万円を手にすることができ、ファクタリング会社は10万円の利益を得ることができるという仕組みです。
少し分かりにくい仕組みですが、お金を借りることなく資金調達できるので、審査が不安という人はぜひ頭の片隅においておきましょう。

自営業者がお金を借りるときの注意点

自営業者がお金を借りるなら、アコムのビジネスサポートカードローンや日本政策金融公庫、ファクタリングと様々な方法がありますが、どこから借りるにしても注意したい点があります。

個人の財布と事業の財布は分ける

個人事業主でありがちなのは、個人の財布と事業の財布を一緒にしてしまうというケースです。
そうなってしまうのは分からなくはないですが、お金を借りるとなるとなおさら、財布をきちんと分けるようにしてください。
一緒にしてしまうと、確定申告をするときなどに作業がとても煩雑になってしまいます。
また、事業がきちんと軌道に乗っているのかどうかも分かりづらいという問題もあります。
収益を見えやすくするためにも、少なくともどちらの財布用に借りたお金なのか分かるようにしておきましょう。

絶対に滞納はしない

どこから借りるにしても、絶対に滞納はしないでください。
お金の貸し借りも信用で行われますが、ビジネスも信用が重要です。
滞納はそのいずれも失ってしまう行為です。これまで何年もかけて築き上げてきたものが、簡単に崩れ落ちてしまいます。
それでもどうしても返済できないときは、事前に返済できない旨を連絡してください。
無断で滞納するのとではまったく印象が違います。
滞納が確定した段階ですぐに伝えるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする