アルバイトはアコムでお金を借りることができる?審査通過のポイント

アルバイトで収入が少ないと、生活が苦しくなるときがありますよね。
でも収入が少ないと、どの金融業者もお金を貸してくれないような気がしますよね。
アコムなら幅広く融資している消費者金融ですので、審査に通過しそうですが、実際のところどうなのでしょう。

「低収入でもアコムから借りられる?」「審査に通る人と落ちる人の違いはどこにあるの?」ここではそんな疑問を解決するために、アルバイトがアコムからお金を借りるときのポイントについてご紹介します。

このページでわかること

アルバイトでもアコムからお金を借りることができます。
ただし、正社員と比べると審査は厳しく、借りられる金額が少なくなることもあります。
ただし、アルバイトだからという理由だけで、審査落ちするということはまずありません。

安定した収入があり、収入に見合った借入希望額にすることで、審査落ちを防ぐことができます。
また、勤続年数もある程度ないと、継続しての返済が難しくなります。
このため、短期間で仕事を転々としているような人は借りにくく、アルバイトでも長く同じ場所で働いている人のほうが、審査では有利になります。

アルバイトでもアコムからお金を借りることができる

それではまず、アコムを利用するための条件について見ていきましょう。

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入と返済能力を有する

アルバイトでも安定した収入があれば、お金を借りることができるのが分かります。
アルバイトだけでなく、パートや非正規雇用の人でももちろん利用可能です。
ただし、18歳や19歳のような未成年は利用できませんので注意してください。アコムの利用は20歳を超えてからにしてください。

ここで気になるのは、どれくらいの収入が「安定した収入」なのかということですよね。
また、返済能力というのも何を示しているのか知りたいですよね。
それらが分かっていれば、審査に通過するかどうかの判断材料にもなって安心です。

どのような条件の人であれば審査を通過するのか、その点について次項から詳しく説明をしていきます。

審査で重視されるのは収入ではなく収入と借入額のバランス

収入が少ないけど本当にアルバイトでもお金を借りられるの?そう疑問に思う人もいるようですが、どんな働き方をしているにしても、審査で重視されるのは収入そのものではなく、収入と融資希望額のバランスです。

例えば、年収が1000万円あったとしても、借りたい金額が2000万円というのでは、返済が困難になるのは目に見えてきますよね。
反対に年収が100万円でも、借りたい金額が1万円なら、十分に返済能力があると判断してもらえます。

このため、年収が低くても借りる金額が小さいなら、無理なく完済できるとして、働き方に関係なく融資を受けられるというわけです。
ですので、アルバイトやパートといった、低収入の人が借りるときには、年収に対して十分余裕のある金額で利用するようにしましょう。

アルバイトは勤続年数を重視される

収入と借入額のバランスに問題なければ、アルバイトでも融資を受けられると説明しましたが、それでもやはり審査落ちする可能性もあります。
アルバイトによる収入が、安定した収入として認められなかったとき、いくら借入額が少なくても融資を受けることができません。

それはいったいどういうことなのか、もう少し詳しく説明していきます。

正社員がお金を借りるときに有利なのは、原則として毎月決まった額を基本給として受け取ることができるためです。
20日の出勤日数のすべてを有給休暇で休んでも、基本給だけは支給されるのが会社員です。
病気やケガで働けなくても障害手当金で、一定額の収入は見込めます。

それに対してアルバイトの場合は、時間給や日給で支払われますので、働かなければ収入がゼロになってしまいます。
さらに、正社員よりは簡単に仕事を辞めることもできるので、審査を受けたときに働いていたとしても、完済までに辞めてしまう可能性もあります。

このため、アルバイトが融資を受けるためには、いつまでも同じ職場で働き続ける可能性が高くないといけません。
その基準となるのが勤続年数です。一般的に勤続年数が長い人ほど職場を変えないと言われています。

このため、審査を通過させるためには少なくとも半年、できれば1年以上は同じ職場で働き続けましょう。
短期間で、様々な職場を転々としているような人の場合は、いくら月収が多かったとしても、審査を通過させるのは難しくなります。

アルバイトがお金を借りるときの注意点

安定した収入があり、なおかつ収入に対して余裕のある借入れであれば、アルバイトやパートでもお金を借りることができますが、借りるときには注意したいポイントがあります。
どのような点に注意して借りるべきなのかご紹介します。

在籍確認の電話に気をつける

アルバイトでもお金を借りるときには、在籍確認としてアルバイト先に電話がかかってきます。
ここで在籍確認ができないと審査落ちする可能性があります。
バイト先が小規模なら電話を受けた人があなたのことを知っていると思いますが、大規模な職場の場合は、アルバイト一人ひとりの名前まで覚えていない可能性があります。
在籍確認ができないと、審査は通過できませんので、申し込み時にそのことをアコムの担当者に伝えるか、アルバイト先で電話を取る可能性のある人に「電話があるかもしれません」と伝えておきましょう。

返済しながらも貯金もする

借りたお金は返済しなくてはいけません。
アルバイトですとその返済にあまり余裕がないかもしれませんが、できれば返済額と同じくらいの額を毎月貯金してください。
アルバイトという働き方をしていると、いつ収入が途絶えるか分かりません。
そういうときに「返済できない」というわけにはいきませんよね。
急に働けなくなることも想定して、貯金する習慣をつけておきましょう。
もし貯金額がローンの残金を超えた場合は、一括返済をしてもかまいません。
ただし、一括返済をしてもまた借りなくてはいけないような状況になるなら、これまで通りの返済を続けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする