アコムのおまとめローンはどんなときに利用すべき?

いくつもの消費者金融やクレジットカードなどでお金を借りていると、毎週のように返済に追われて疲れてしまいますよね。
そういうときにおすすめしたいのが、アコムのおまとめローンですが、残念ながら誰にでも適しているというわけではありません。

「毎月の支払いが苦しい」「膨れ上がる利息をなんとかしたい」ここでは、そんな悩みを解消するために、アコムでおまとめローンを利用するときのポイントについてまとめました。

このページでわかること

アコムのおまとめローンを利用しても、人によっては返済総額が膨れ上がってしまい、デメリットのほうが多くなるケースがあります。
メリットは月々の返済額と返済回数が減ることにあるのですが、返済総額は減るどころか増えることもあります。

利用するときには「何のために一本化するのか」を明確にして、その目的を満たしていることを確認してから申し込みを行いましょう。

アコムのおまとめローンの特徴

まずはアコムのおまとめローンについての、基本的な知識を頭に入れておきましょう。
「おまとめローン」と紹介していますが、実際には「貸金業法に基づく借換え専用ローン」が商品の正式名称です。
覚えにくいので、ここではおまとめローンとして説明を続けます。

貸付金額:1万円〜300万円
貸付利率:実質年率7.7%〜18.0%
使用使途:貸金業者債務の借換え

この3点の中にはとても重要な情報がいくつも入っています。
簡単に要約すると「貸金業者から借りた300万円までの借金をまとめることができる」ということになります。
その時の金利が、年7.7%〜18.0%ということになります。

貸金業とは

まず頭に入れてもらいたいのが、どのような業者が貸金業者になるかということです。
これをきちんと理解している人はあまりいませんが、ここではしっかりと覚えておきましょう。
貸金業の業態には下記のようなものがあります。

  • 消費者金融
  • 事業者金融
  • クレジットカードのキャッシング
  • リース
  • 抵当証券業

聞きなれない業態がいくつもありますが、通常は消費者金融とクレジットカードのキャッシングが該当すると覚えておきましょう。
アコムのおまとめローンではこの2社から借りたお金だけ1本化できます。

貸付金利の考え方

貸付金利は「実質年率7.7%〜18.0%」となっています。
基本的には一本化したい借金の額が大きければ大きいほど金利は低くなります。
悩ましいのは実際に申し込みをするまで、金利が分からないということです。
ときどき期待を込めて年7.7%でシミュレーションをして、「お得だから借り換えよう」と考える人がいますが、その結果18.0%での融資を提案されることもあります。
7.7%と18.0%では利息が倍以上違います。
「金利は申し込むまで分からない」このことを頭に入れておきましょう。

返済総額は必ずしも減額されるわけではない

借金の一本化をすると楽になると聞いていたのに、どうも雲行きが怪しくなってきた人もいるかもしれません。
それでは、そもそもおまとめローンにはどのようなメリットがあるのかを確認してみましょう。

  1. 毎月の返済額が軽減される
  2. 返済日が1日になる

「インターネットのサイトでは返済総額が減るって書いてあったけど?」そう思う人もいるかもしれませんが、返済総額は減るケースと減らないケースがあります。
どういうことなのか詳しく説明していきます。

A社
金利:年15%
借入残高:50万円
返済残期間:24ヶ月

B社
金利:年7.7%
借入残高:30万円
返済残期間:18ヶ月

C社
金利:年18%
借入残高:10万円
返済残期間:12ヶ月

このようなケースが有ったとしましょう。
これから支払う利息の額は、それぞれ次のようになります。

A社:81,828円
B社:18,610円
C社:10,011円
利息総額:110,449円

これをアコムのおまとめローンを利用して返済すると次のようになります。

借入残高:90万円

金利:年7.7%、返済期間:24ヶ月
利息総額:73,944円

金利:年7.7%、返済期間:84ヶ月
利息総額:267,011円

このように、借金を一本化した結果、返済期間が短くなれば利息も下がることがありますが、ゆとりのある返済にしようとすると、利息総額が膨れ上がってしまいます。
そもそも毎月の返済額が多すぎて苦しいので一本化しようとしている場合は、月々の返済額が減り返済期間が長くなります。
そうなると返済総額は増えてしまいます。

返済総額に関しては、必ずしも有利になるわけではありませんので、そのことをしっかり頭に入れておいてください。

どのようなときの利用が適しているか

アコムのおまとめローンを利用するのに適しているのは、次のような条件に該当する人です。

  • 返済総額が増えてもいいので、月々の返済額を減らしたい
  • いつも返済に追われる状態から抜け出したい

先ほどの例で言えば、月々の返済額はA社が24,243円、B社が17,701円、C社が9,167円で合計51,111円です。
収入にもよりますが、かなり生活を圧迫していますよね。
これをアコムで一本化すると月々の返済を2万円や3万円にすることができます。

もちろん返済総額は増えますが、毎月の生活は楽になります。
このようなケースでおまとめローンはとてもメリットがあります。

また、いつも返済に頭を悩ましている状態というのは、精神的にかなり苦しくて、仕事も手に付かないという状態にまで追い込まれることになります。
これが毎月1回だけの返済になるだけでも、かなり落ち着くことができます。

複数社から借りている人にしてみれば、実はこれが一番大きなメリットだったということもあります。
返済に追われる生活から抜け出したいという人は、ぜひ借換えを検討してください。

アコムのおまとめローンを利用するときの注意点

すでに低金利で返済額も少ないところから借りていたり、借換えできない銀行からの借入れが多かったりするという場合には、あまり一本化の恩恵を受けることができません。
単純に借り換えれば楽になると決めつけずに、きちんとシミュレーションをして、メリットがあるなら借りるようにしましょう。

重要なのは「何のために一本化をするか」を明確にすることです。
一本化にはいくつかのメリットがありますが、その中で優先順位をつけて、シミュレーション結果がそれを満たしているのを確認した上でアコムのおまとめローンを利用してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする