水商売でもアコムで借りられる?審査落ちしないためのポイント

同じお店の先輩から「水商売はお金を借りられないよ」と聞いたことありませんか?そのためお店からお金を借りたり、お店の紹介で紹介された金融業者から借りたりしている人もいるかと思います。
でも本当に水商売だとお金を借りることができないのでしょうか?

「周りの人はみんな審査落ちしているから無理なんじゃない?」「水商売というだけで門前払いされるんじゃない?」ここではそんな疑問を解決するために、水商売の人がアコムからお金を借りるときのポイントについて紹介しています。

このページでわかること

水商売だと、正規の金融業者からは借りられないと思っている人もいるようですが、アコムなら水商売をしていてもお金を借りることはできます。
ただし、安定しない収入と収入の継続性を考えると審査は厳しくなります。

審査を通過させるには、借入希望額を少なくすることと、店を転々とせずにひとつのお店で長く働くことを意識しましょう。

水商売でもアコムお金を借りることは可能

水商売だからといって、お金を貸してはいけないという決まりはありません。
もちろん借りることも問題ありません。
実際にアコムでも水商売の人へも融資を行っています。
「でも、周りの人はみんな審査落ちしてるよ」そう思うかもしれませんが、もちろんそれには理由があります。

基本的な考え方としては、きちんと返済できる人に対してはアコムもお金を貸してくれます。
アコムが融資を行わないのは、水商売だからではなく、その人に信用がないためです。

それでは、どうすれば信用をしてもらえるようになるのでしょう?アコムで融資を受けるために、何をすればいいのかについて、後ほど詳しく説明していきます。
まずは、「アコムからでも借りられる」ということだけ頭に入れておいてください。

水商売の人が融資を断られやすい理由

それではなぜ周りの人の多くが融資を断られているのでしょう。
理由は2つあります。

  1. 収入が不安定
  2. お金にルーズな人が多い

アコムは収入が不安定な人への融資を積極的には行いません。
収入が不安定ということは、いつ返済ができなくなるかわからないためです。
先月の収入が50万円あったけど、今月は15万円しかない。
極端な例ですが、水商売の場合はそういうことが珍しくありませんよね。

そして何よりもいつ仕事がなくなるか分かりません。
そんな人にお金を貸して、きちんと回収できなかったら困りますよね。
これは水商売だけではなく個人事業主でも同じです。
たくさん稼いでいるかどうかは問題ではなく、毎月安定して稼いでいるということが重視されます。

また、アコムはこれまでの融資実績から、膨大な量の顧客データを持っています。
そのデータから、どのような職業の人が滞納しやすいかを把握しています。
水商売が借りにくいというのは、同じような働き方をしていた人たちが、滞納したり返済できなくなったりしてきた結果です。

水商売は収入も高めですが、支出もかなり必要になりますよね。
世間的にも、「水商売の人はお金にルーズ」というイメージが定着しています。
そうなると、申込みをしてきた人が水商売だとわかれば、アコムも身構えて審査します。
そのため水商売はなかなか融資を受けることができません。

水商売の人がアコムからお金を借りるために心がけること

お金を借りにくい背景は理解できたかと思いますが、それでも実際にはアコムから融資を受けている人もいます。
どうすれば、アコムから融資を受けることができるのか。
そのポイントについてご紹介します。

借入額はできるだけ少なくする

失敗する人の多くが、融資希望額を高額に設定しています。
水商売はそれだけで審査ではマイナス評価になっています。
それなのに、いきなり高額な額を希望しても借りられるわけがありません。
最初の借り入れは30万〜50万円くらいに抑えておきましょう。
アコムでは借入希望額が高額になればなるほど審査が厳しくなります。
借入額に見合った収入が本当にあるのか。
貸した額をきちんと返済できるのか。
そういう厳しい審査を受けたときに、水商売であるということがマイナスになります。

50万円以下の融資であれば収入証明書類の提出も不要です。
まずは借入額を50万円以下にして、何度か借り入れと完済を繰り返して信用を作ってから、利用枠の増額依頼をしてみましょう。

店を転々としない

水商売でも正社員でも、同じ職場で長く働いている人のほうが審査ではプラスに評価してもらえます。
勤続年数が長い人ほど簡単には離職しないという傾向が出ているためです。
このため、水商売のお店を、数ヶ月単位で転々としている人は融資を断られる可能性があります。
確実に融資を受けたいのであれば、同じお店で1年以上、最低でも半年は働くようにしましょう。
別にお店に移ろうと考えている人は、移る前に審査を受けるようにしてください。

アコムには正直に話す

水商売であることを隠して借りるという方法もありますが、そうすると在籍確認の電話が繋がらない可能性があります。
水商売のお店のほとんどが夜の営業ですよね。
アコムの担当者が日中に何度電話しても、誰も出ないということが発生するかもしれません。
それを回避するには、申込をした後でアコムの担当者に夜の仕事であることを告げて、在籍確認が必要であれば、営業時間内に電話をしてもらうようにしましょう。
その際に、本名と源氏名を伝えておくと確実です。

非正規の金融業者からは借りないようにする

水商売でもアコムからお金を借りられることは理解できたかと思います。
ただそれでも、審査が厳しいことには違いはありません。
そもそも水商売に限らず、アコムでは申込者の半数が審査落ちしています。

そうなると、お店が紹介してくれる金融業者から借りるしか選択肢がなくなるように思えます。
でもそのようなお店は高金利で、しかもいつまで経っても返済が終わらない仕組みになっていることもあります。

まずはブランド品などを売却して、必要なお金を作るようにしましょう。
そして同時に自分の収入と支出のバランスを考えて、お金を借りなくてもいい環境を整えてください。

また、審査に通らないからといって、偽装会社を使うのもやめてください。
偽装会社を使えばその場では融資を受けられるかもしれませんが、偽装会社を使っているのがバレると一括返済を求められます。
もちろんブラックリスト入りもしますので、どこからも借りられなくなります。

偽装会社も非正規の金融業者も利用しないように心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする