アコムの申込みで嘘の情報を入力するとどうなるか

どうしてもお金が必要になったとき、審査を少しでも有利にするために嘘の内容で申し込みをしたくなったりしますよね。
年収を少し多めに記載したり、実際には勤めていない大企業に勤務していることにしたりすると、審査を通過しやすくなりそうですよね。

「バレない嘘ならいいのでは?」「嘘が発覚したらどうなるの?」ここではそんな疑問を解決するために、アコムの申込みで嘘の情報を入力した場合、どのようなことになるのかについてご紹介します。

このページでわかること

アコムの申込みで嘘の申告をしても、ほぼバレてしまいます。
バレてしまった場合はもちろん審査落ちになり、融資開始してから発覚した場合は、強制解約と一括返済を求められ、なおかつブラックリスト入りします。

虚偽の申告はリスクがかなり大きく、メリットはそれほどありません。
そもそもありのままの状態で審査落ちする人は、借りても返済困難になる可能性がありますので、嘘をついてまで借りることは絶対にやめましょう。

嘘の申告内容はバレる理由

アコムの申し込みで、嘘をつくとしたら下記のようなものが挙げられます。

  • 年収
  • 年齢
  • 勤務先企業名
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 他社借入状況

「ちょっとくらい年収を多めに書いてもバレないかも」「他社からいくら借りているのかなんて分からないだろうから申告しないでおこう」こういう安易な考えで、虚偽の申告をする人がいますが、もちろんそれらの嘘はバレてしまいます。
その理由について見ていきましょう。

本人確認書類を提出する

まず年齢ですが、未成年や高齢者が借りたい場合に、嘘をつくことが考えられます。
これは本人確認書類で確実にバレてしまいます。
運転免許証やパスポートなどをデジタルデータでアップロードできますので、偽造できないこともないのですが、それは犯罪ですので絶対にしないでください。
そうなると年齢や氏名に関しては嘘をつけないことになります。

収入証明書類を提出する

アコムでは50万円を超える額を借りる場合、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書類を提出しなくてはいけません。源泉徴収票または給与明細書などがこれにあたりますので、この場合は、勤務先企業や年収がバレてしまいます。
反対に言えば50万円以下の借入の場合は、嘘の申告をしてもバレません。
ところがアコムの審査の中で怪しいと思われた場合には、50万円以下でも収入証明書類の提出を求められることがあります。
この場合はもちろん虚偽の申告はバレてしまいます。

個人信用情報をチェックされる

わたしたちが金融機関からお金を借りたり、クレジットカードを利用したりした場合には、個人信用情報機関にその履歴が残ります。
個人信用情報機関と各金融機関がリンクしていますので、誰がどこからいくら借りているのかが、データベースからすぐに調べることができます。
このため、他社借入件数や借入総額の嘘は100%バレると考えてください。

在籍確認の電話がある

申し込みをすると、原則として在籍確認の電話が職場にかかってきます。
もちろん虚偽の申告をしていると、在籍していないことがバレてしまいます。
在籍確認も100%あるわけではありませんが、かかってくる可能性を考えると嘘をつくのはリスクが高すぎます。

嘘がバレたらどうなる?

それでは嘘がバレたらどうなるのでしょう?

  • 審査中:審査落ち
  • 融資開始後:解約一括返済

まず審査中ですが、もちろん虚偽の申告をしたということで審査落ちになります。
お金の貸し借りというのは信用をベースに行っていますので、アコムにしてみれば「この人は信用できない人」という認識になり、それは社内のデータに残りますので、今後一切アコムから借入れができなくなります。

それだけでなく、アコムが審査と保証を行うすべての金融機関からの借入ができなくなります。
三菱東京UFJ銀行のカードローンやセブン銀行カードローンなどは、確実に審査落ちするということを覚えておきましょう。

また、審査に通過して融資を受けられたとしても、ちょっとしたことから申し込み時の虚偽の申告がバレることがあります。
この場合には、即解約となり、なおかつ借りていたお金の一括返済を求められます。

アコムはCICとJICCという個人信用情報機関に加入しています。
CICは強制解約されても金融事故にはなりませんが、JICCは金融事故扱いになります。
このため、アコムだけでなく他社からもしばらくお金を借りられなくなります。

申し込みでは嘘は絶対に書かないこと

アコムはお金を貸したくなくて審査をしているわけでもありません。
融資しても返済が困難になるという統計データに該当する人への融資を断っています。
このため、嘘をついて無理に借りたところで、返済困難になってしまう可能性があります。

アコムはきちんと返済できるかどうかの判断をするために、審査をしているわけですから、ありのままの状態で審査をしてもらいましょう。

どうしてもお金が必要なときは、嘘をついてでも借りたくなる気持ちはわかります。
それでも嘘がバレたときのリスクを考えると、メリットよりもデメリットのほうが大きすぎます。
申込みでは絶対に嘘の申告をしないようにしてください。

また嘘をつくつもりはなくても、申告時の入力ミスで「虚偽の申告をした」と判断されることもあります。
申し込み時は何度も入力内容をチェックして、ミスのないように気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする