アコムで借りたお金を債務整理するときの注意点

借りたときは問題なく返済できると思っていたのに、勤めていた会社が倒産したり、ケガや病気で働けなくなったりして、返済困難状況になることがあります。
そういうときは債務整理を選ぶことになりますが、アコムで借りたお金を債務整理すると何か問題が発生するのでしょうか?

「アコムで借りたお金は債務整理できるの?」「債務整理しても生活には影響でない?」ここではそんな疑問を解決するために、アコムで借りたお金を債務整理するときの注意点についてご紹介します。

このページでわかること

アコムで借りたお金も債務整理できます。
債務整理を行うためには弁護士または司法書士に相談することから始めましょう。
ただし司法書士は140万円以下の任意整理以外では、代理人になれませんので気をつけましょう。

債務整理をするとブラックリスト入りするため、5年間はお金を借りることもクレジットカードを作ることもできなくなります。

アコムで借りたお金でも債務整理できる

まず債務整理がどういうものなのか、すでに理解している人もいると思いますが、その基本について説明します。
債務整理は法律で定められた「借金を整理する方法」で、どのような整理を希望するかによって、いくつかの種類に分けられています。

  • 自己破産
  • 個人再生(民事再生)
  • 任意整理

この他に特定調停というものもありますが、それほどメリットもなく利用する人がほとんどいませんので、上記の3つの債務整理方法があると考えてください。
もちろんアコムで借りたお金でも、どの債務整理方法も適用できます。

自己破産

債務整理と聞いて、最初に思い浮かぶのは自己破産ではないでしょうか?自己破産は裁判所に申し立てを行うことで、自分の借金をゼロにすることができる債務整理方法です。
借金がゼロになりますが、資産も一部を除き原則としてゼロになります。

個人再生(民事再生)

個人再生も裁判所を利用した債務整理です。
こちらは財産手放す必要はありませんが、借金の1/5は返済しなくてはいけません。
持ち家などを手放したくない人に向いている債務整理方法です。

任意整理

任意整理は、当事者同士が話し合いをすることで、返済困難な借金をなんとかして返済できるように条件変更などを行う債務整理方法です。
実際には本人が交渉するのではなく弁護士や司法書士といった専門家が代理で交渉を行い、任意整理後は月々の返済額の減額と利息の支払いの免除となるケースがほとんどです。

債務整理をするための流れ

いずれの債務整理も、その気になれば自分で行うことも可能ですが、専門知識がなければ膨大な手間と時間に悩まされることになります。
このため、債務整理をしたい場合には、弁護士か司法書士に依頼します。

一般的には司法書士のほうが費用は安く設定されていますが、司法書士は借金の額が140万円を超えるような場合には対応できません。
また、司法書士は自己破産や個人再生の代理人にはなれません。
借金の額が140万円以下で、任意整理をする場合のみ司法書士に依頼しましょう。

弁護士に依頼するにしても、司法書士に依頼するにしても、まずは相談という形になります。
弁護士によってはこの相談の段階からお金がかかることもありますが、借金問題を専門にしている弁護士の多くが無料相談を行っています。

また、国民生活センターなどでも無料の相談会を開催していることもあります。
いきなり弁護士に依頼するのが不安だという場合には、そのような相談会で、現状説明を行って、最適な債務整理方法の提案をしてもらいましょう。

債務整理方法が決まれば、あとは弁護士に任せておくだけで借金の整理をしてもらえます。
自分からアコムに連絡する必要もありませんし、弁護士に債務整理の依頼をした段階で、アコムからの請求もストップします。

自己破産の場合は、何度か裁判所に行かなくてはいけませんが、煩わしい書類作成などはすべてお任せできます。
アコムで借りたお金を返せなくなって債務整理の検討をするときには、まず弁護士に相談することをおすすめします。

債務整理をしたら一定期間お金を借りられなくなる

債務整理そのものは弁護士に任せておけばいいのですが、問題は債務整理を行った後のことです。
自己破産をして借金がゼロになったり、任意整理で無理のない返済環境が整ったりすれば、借金に苦しむ生活から解放されます。

喉元過ぎれば熱さを忘れる人も多く、生活が安定するとまたお金を借りたくなります。
ところが、どの金融機関もお金を貸してくれません。
これは債務整理したことで、いわゆるブラックリスト入りした状態になっているためです。

実際にはブラックリストというものはなく、正確には個人信用情報機関に金融事故の履歴が残ります。
アコムはJICCとCICという個人信用情報機関に加盟していますので、この2つに債務整理の履歴が残ります。
その履歴は他の金融機関も見ることができるため、問題のあった人ということがひと目で分かります。

他の金融機関とはいえ、貸したお金が返ってこなかったわけですから、そういう人に融資するのはリスクがあります。
このため、個人信用情報機関の事故履歴が消えるまでは、どの金融機関もお金を貸してくれなくなります。

どれくらいの期間で履歴が消えるかは個人信用情報機関によって違います。

JICC:発生日から5年
CIC:取引終了から5年

開始日がそれぞれ違いますが、両方の履歴が消えなければブラックリスト状態からは抜け出せません。
CICの「取引終了から5年」、すなわち免責決定もしくは完済から5年間はお金を借りることも、クレジットカードを作ることもできなくなりますので、気をつけてください。

債務整理をしたあとの注意点

  • 個人信用情報機関の履歴が消えてもアコムからは借りられない
  • 闇金業者からは絶対に借りない

まず気をつけたいのは、個人信用情報機関の履歴が消えてブラックリスト状態でなくなっても、もうアコムからはお金を借りられません。
1度失った信用は2度と戻りません。
それだけではなく、三菱東京UFJ銀行のバンクイックのように、アコムが保証をしている他のローンも利用できなくなります。

また、債務整理をするとどこからも借りられなくなって、闇金業者を利用してしまう人がいます。
これは絶対に避けてください。
闇金業者から借りたお金をきちんと完済できる人はほとんどいません。
正規の金融機関から借りられるまでは、家族や友人などを頼って闇金業者は使わないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする