お金を借りるならアコムとプロミスのどっちがいい?

消費者金融でお金を借りようと思ったときに、どこを利用していいのか分かりませんよね。

ここでは大手消費者金融のアコムとプロミスのどちらを利用すべきかについてまとめています。

「審査に通りやすいのはどっち?」「それぞれのメリットはどこにあるの」そういう疑問を解決するために、アコムとプロミスのキャッシングサービス内容について、様々な角度から比較しています。どちらを利用すればいいか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

このページで分かること

アコムとプロミスでは、ローン内容にそれほど大きな違いはありません。

金利差はあるものの、利息で考えると、それほど大きな違いはありません。

いずれのローンも一長一短で、すべての人に適しているローンはありません。

ローン商品としてのプロミスはサービスが充実し、アコムは成約率が高いという特徴があります。

様々な特典を受けたい場合はプロミスがおすすめですが、審査通過が難しいというような人はアコムの利用がおすすめです。

商品概要の比較

それではまず、アコム「カードローン」とプロミス「フリーキャッシング」の商品概要について、その内容を比較していきましょう。

金利比較

アコム:年3.0%~18.0%

プロミス:年4.5%~17.8%

金利ではアコムのほうが最低金利は低く設定されていますが、これは利用限度額の違いによるものです。

最大金利はアコムのほうが0.2%高く設定されています。

数十万円くらいの借入の場合は、プロミスが有利ですが、それくらいの借入の場合は0.2%程度ではそれほど大きな利息差にはなりません。

50万円を年18%と年17.8%の金利で借りた場合の利息総額は、次のようになります。

返済回数24回

アコム(年18%):99,079円

プロミス(年17.8%):97,923円

借入額にもよりますが、0.2%の金利差はそれほど大きくないことがわかります。

金利面ではあまり差はないと考えておきましょう。

融資限度額比較

アコム:800万円

プロミス:500万円

融資限度額はアコムのほうが多く設定されています。

アコムのほうが有利に思えるかもしれませんが、アコムもプロミスも総量規制の対象ですので、実際に利用できるのは年収の1/3までです。

この融資限度額の影響を受けるのは、年収が1500万円以上ある人だけです。それ以下の人は融資限度額を気にする必要はありません。

無利息期間比較

大手消費者金融の多くが、初めての利用に限って無利息サービスを行っています。

それぞれ30日間が対象ですが、いつから数えて30日になるのかが違います。

アコム:契約日の翌日から30日間

プロミス:初回利用日の翌日から30日間

契約をしてすぐに利用するのであればいずれも変わりませんが、すぐに借り入れをするのでなければ、プロミスを利用したほうが無利息で借りられる期間が長くなります。

審査時間比較

アコムもプロミスも審査時間は「最短30分」となっています。いずれも即日融資にも対応していますので、審査スピードに関しては同等だと考えてください。

利用条件比較

アコム

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入と返済能力を有する

プロミス

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入がある

いずれも安定した収入がない人は利用できません。

プロミスには「返済能力」に関する記載はありませんが、暗黙の了解として含まれていると考えてください。

この2社に限らず、返済能力がない人にお金を貸してくれる金融業者はありません。

収入が必要ですので、いずれも専業主婦は利用できません。

利用できる年齢には違いありません。

このため、いずれの利用条件もほぼ同じで、どちらが有利ということはありません。

申込方法比較

アコム

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • 来店

プロミス

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • 来店

アコムもプロミスも申込方法は同じです。

ただし、無人契約機の営業時間が、アコムは「8:00~22:00」、プロミスは「9:00~22:00」といったように、ちょっとした違いがあります。

借入方法比較

アコム

  • 振込
  • ローンカード

プロミス

  • 振込
  • ローンカード

借入方法は振込み、もしくはローンカードを利用して自社ATMやコンビニなどの提携ATMからの借入れになります。

借り入れの利便性はいずれもそれほど変わりません。

返済方法比較

アコム

  • インターネットから銀行振込
  • ローンカードを使ってATMから返済
  • 店頭窓口で返済
  • 指定銀行口座への振込み
  • 口座から自動引落

プロミス

  • インターネットから銀行振込
  • ローンカードを使ってATMから返済
  • 店頭窓口で返済
  • 指定銀行口座への振込み
  • 口座から自動引落
  • コンビニのマルチメディア端末

アコムもプロミスも豊富な返済方法があります。

唯一の違いはプロミスの場合のみコンビニのマルチメディア端末を利用した返済ができるということです。

マルチメディア端末を利用した返済の場合は、返済手数料が発生しません。

このため、コンビニから返済をする場合にはプロミスのほうが有利になります。

返済日比較

アコム

  • 指定日(月1回)
  • 35日ごと

プロミス

  • 5日、15日、25日、末日

アコムは2種類の返済方法を選べるだけでなく、月1回の返済の場合も好きな日に設定することができます。

このため、給料日直後に設定することで、余裕をもった返済が可能です。

プロミスも4日間から選べますので、それほど困ることはないかと思いますが、自由度という意味ではアコムが有利です。

ただし、口座振替を選んだ場合、アコムでは毎月6日の返済に限られています。プロミスも、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外からの振替の場合は毎月5日が返済日となります。

審査の通りやすさ比較

成約率

アコム:48.0〜48.5%

プロミス:41.0〜44.3%(SMBCコンシュマーファイナンス全体)

審査の通りやすさと成約率は必ずしも一致するわけではありません。

それでも毎月数万もの新規申し込みがありますので、成約率の高いアコムのほうが審査を通過しやすいと推定できます。

同じ消費者金融でも、融資の可否を決める審査のノウハウはそれぞれ違い、重視するポイントも変わってきます。

その違いが成約率の違いとなって表れています。

プロミスで審査通過した人が、必ずしもアコムで借りられるというわけではありません。

アコムで審査落ちした人がプロミスで審査通過するということもあります。

アコムとプロミスのメリット

どちらがいいのかを判断するには、それぞれの良いところも知っておく必要があります。

ここまで紹介した内容も含め、アコムとプロミスそれぞれのメリットをまとめましたので、参考にしてください。

アコムのメリット

  • 成約率が高い
  • クレジットカードを契約すると海外でもキャッシングできる

アコムの最大の魅力はその成約率の高さにあります。

プロミスとの成約率の違いは数%ですが、ボーダーラインにいる人にとって、その数%の違いはとても大きいものです。

その他の項目でそれほど大きな違いはありませんので、審査落ちが不安になる人にとっては、アコムの存在はとても心強いものになります。

アコムにはカードローンだけでなく、クレジットカードも用意されています。

海外キャッシングなどにも使え、毎月の利用額からキャッシュバックが行われるなど、他社のクレジットカードにはないサービスを受けられます。

プロミスのメリット

  • 郵送物なしカードレスにできる
  • 三井住友銀行とジャパンネット銀行には時間帯に関係なく10秒で振込みできる
  • 申込みから借り入れまでアプリで行えるアプリローン

プロミスは、プライバシー保護に力を入れているため、カードレスにできたり、郵便局にできたりします。

ローン利用がバレる大きな原因として郵送物とローンカードの存在がありますが、プロミスならいずれもなしにできます。

また、グループ内の銀行口座には時間帯に関係なく10秒で振込みのできる「瞬フリ」サービスがあります。

24時間いつでも借りることができますので、口座にお金が不足しそうなときに重宝します。

また、スマホアプリを使えば、申込みから借入れまでをアプリで完結できる「アプリローン」を利用できます。

アプリローンならセブン銀行で、24時間いつでもカードレスでお金を借りることができます。

アコムとプロミスのどっちがいい?

ここまでアコムとプロミスの比較を行ってきましたが、実際のところどちらを利用すべきでしょうか?

ここまで読んでもらった人には理解できると思います。

ですが、それぞれに一長一短ありますので、誰に対してもどっちがいいというようなことは言えません。

使い勝手の良さを考えたときには、プロミスが半歩分くらい有利ですが、プロミスはやはり審査の厳しさが気になります。

金利面ではプロミスがやや有利ですので、審査が厳しくなるのはわかります。それでも利息差はそれほど大きくありません。

転職してあまり時間が経過していないなど、自分のステータスの低さが気になるのであれば、成約率の高いアコムのほうがおすすめです。

それ以外の面では、プロミスのほうがサービスは充実しています。審査通過の確率を高めたいならアコムを選び、少しでも良い条件で借りたいのであればプロミスがおすすめです。