お金を借りるならアコムとバンクイックのどっちがいい?

消費者金融からお金を借りようと思ったときに、どこから借りればいいのか悩みますよね。
比較しようにもどこをチェックすればいいのか分からないという人も多いかと思います。
ここではそんな人のために、アコムとバンクイックの商品比較を行い、どちらがおすすめなのかについてご紹介します。

このページで分かること

アコムは金利が高めですが、バンクイックほどは審査が厳しくないため、ステータスがそれほど高くない人におすすめのローンです。
バンクイックは金利の低さがとても魅力的ですが、審査基準がとても高いため、審査落ちする可能性が高くなります。

どちらを利用するか迷った場合は、自分のステータスに合わせて選ぶようにしましょう。
公務員や大手企業に勤めているなら三菱東京UFJ銀行のバンクイックで審査を受け、中小企業勤めや個人事業主のようにステータスが低いという自覚がある場合はアコムを選びましょう。

商品概要の比較

それではまず、アコム「カードローン」と三菱東京UFJ銀行「バンクイック」の商品概要について、その内容を比較していきましょう。

金利比較

アコム:年3.0%~18.0%
バンクイック:年1.8%~14.6%

一般的に消費者金融よりも銀行のほうが金利は低くなるとされていますが、アコムとバンクイックでもその傾向が見られます。
バンクイックのほうが融資限度額は低いにも関わらず、最低金利も最高金利も低めに設定されています。

単純に金利面だけの比較であれば、圧倒的にバンクイックのほうがおすすめです。

融資限度額比較

アコム:800万円
バンクイック:500万円

バンクイックは融資限度額が500万円しかありません。
アコムの800万円と比較すると、かなり見劣りするのですが、ほとんどの人はアコムよりもバンクイックのほうが多く借りられます。

アコムは総量規制というルールにより、年収の1/3までしか貸付ができません。
このため800万円借りるには年収が2400万円必要です。
これに対してバンクイックは総量規制の対象外ですので、法的には誰でも500万円まで融資を受けられます。

とはいえ、バンクイックも貸し過ぎはリスクが高いため、実際にはアコムと同じように、年収の1/3程度までしか融資をしてくれません。
ただし、そこに総量規制の縛りがないため、フレキシブルな対応をしてもらえます。

無利息期間比較

消費者金融の多くが無利息期間を設定しています。
アコムも初めての契約から30日間は利息ゼロでお金を借りることができます。
一方のバンクイックは無利息期間を設定していませんので、最初から定められた利息を返済しなくてはいけません。

とはいえ、アコムよりも金利がかなり低めですので、数カ月のうちに完済するのでなければ、最終的な返済総額はバンクイックのほうが少なくなるケースがほとんどです。
実際にどちらのほうが返済総額が少なくなるかは、返済シミュレーションを利用して計算しておきましょう。

審査時間比較

アコムは審査の早さが売りで、最短30分で審査が完了します。
そのままローンカードを発行してもらうことも可能ですし、時間帯によっては振込みによる融資も可能です。
一方のバンクイックも銀行でありながら、即日審査即日融資を受けることができます。

ただしバンクイックの審査はアコムが行っていますので、三菱東京UFJ銀行で受付をしている分だけ、やや時間が余計にかかってしまいます。
それでも即日融資にも対応していますので、1分1秒を争うのでなければ、アコムもバンクイックもそれほど大きな違いはありません。

利用条件比較

アコム

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入と返済能力を有する

バンクイック

  • 20歳以上65歳未満
  • 安定した収入がある

利用可能な年齢は、バンクイックよりもアコムのほうが高く設定されています。
銀行は融資に慎重なところがあり、高齢な方への融資もあまり積極的に行っていません。
このため65歳以上の人はバンクイックを利用できません。
65〜69歳まではアコムで融資を受けましょう。

申込方法比較

アコム

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • 来店

バンクイック

  • インターネット
  • 電話
  • 来店(テレビ窓口)

アコムは郵送での申込みが可能ですが、バンクイックはインターネットもしくは電話、来店しての申込みのいずれかになります。
来店の場合は、店内にあるテレビ窓口で申し込みします。

アコム
8:00~22:00

バンクイック
平日9:00-20:00
土曜日・祝日10:00-18:00
日曜日10:00-17:00

アコムの無人契約機と比べると、バンクイックのテレビ窓口は営業時間が短めです。
ただし、休日でも受け付けをしています。
アコムもバンクイックも、それほどストレスを感じることなく、申込み可能です。

借入方法比較

アコム

  • 振込
  • ローンカード

バンクイック

  • 振込
  • ローンカード
  • 電話

両者に共通しているのが、振込みによる融資とローンカードによる融資です。
振込は登録している指定口座に振込してもらいます。
ローンカードの場合は、ATMを利用してお金を借ります。
自社ATMだけでなく、コンビニなどでも借りることができます。

さらにバンクイックは電話での借入にも対応しています。
基本的にはインターネットと同様、指定口座に振込をしてもらうのですが、インターネットを使いこなせない人や、ネットに繋がらない環境などでは電話による振込依頼はとても便利な借入方法のひとつです。

返済方法比較

アコム

  • インターネットから銀行振込
  • ローンカードを使ってATMから返済
  • 店頭窓口で返済
  • 指定銀行口座への振込み
  • 口座から自動引落

バンクイック

  • 指定銀行口座への振込み
  • ローンカードを使ってATMから返済
  • 口座から自動引落

アコムは様々な返済方法が用意されていますが、バンクイックは振込みもしくはATMからの返済、口座からの自動引落のいずれかしか選べません。
とはいえ、アコムの店頭返済やインターネットからの返済というのはなくても困ることはほとんどありません。

返済日を忘れてしまいそうであれば、いずれの場合も口座からの自動引落を利用しましょう。

返済日比較

アコム

  • 指定日(月1回)
  • 35日ごと

バンクイック

  • 指定日(月1回)
  • 35日ごと

返済のスタイルはアコムとバンクイックに違いはありません。
いずれも毎月指定日に返済するか、35日ごとの返済のどちらかを選びます。
通常は毎月指定日にしておけばいいのですが、35日ごとの返済にしておけば、返済期間を長くしたり短くしたりと、自分の返したいタイミングでの返済が可能になります。

35日ごとの返済は、35日後に次の返済日がやってくるのではなく、最大35日までが返済期間となります。
このため、返済をどんどん前倒しすることも可能です。
そうすることで、利息の支払いを減らすことが出来ます。

審査の通りやすさ比較

成約率

アコム:48.0〜48.5%
バンクイック:不明
お金を借りるときに心配なのは、審査に通過できるかどうかということですよね。
どんなにいい条件のローンでも借りられなければ意味がありません。
アコムとバンクイックのどちらが借りやすいか、その成約率を比較したいところですが、バンクイックの成約率はわかりません。

アコムは48〜48.5%程度です。
半分以上が審査落ちをするなら、バンクイックのほうが借りやすいと思うかもしれませんが、実はバンクイックの成約率はアコムよりもかなり低いと言われています。
一般的に低金利であるほうが審査は厳しくなると言われていますので、アコムよりもかなり金利が低いバンクイックのほうが借りにくくなります。

少しでも審査に不安があるなら、バンクイックではなくアコムで借りるようにしましょう。
ただし、アコムの審査が甘いわけではありませんので注意してください。

◎アコムとバンクイックのメリット

アコムとバンクイック、なんとなくその違いが見えてきたかと思います。
ここではここまで比較してきた内容をもとに、それぞれのメリットについてご紹介します。

アコムのメリット

  • 即日融資に対応している時間が長い
  • 成約率が高い

アコムもバンクイックも即日融資に対応していますが、バンクイックのテレビ窓口の営業時間が短いため、ローンカードの発行できる時間が限られてしまいます。
それに対してアコムは、土日でも営業時間が長いため、夜遅い時間にお金が必要になっても即日融資を受けることができます。

またアコムは金利を高くして幅広い人に融資を行っているため、審査という点ではすべての消費者金融の中でもハードルが低めに抑えられています。
ステータスが低い人にとって、これは大きなメリットですよね。

バンクイックのメリット

  • 低金利でお金を借りることができる
  • ステータスが高ければ高額融資にも対応してもらえる

バンクイック最大のメリットは低金利にあります。
消費者金融と比べると金利が数%違いますので、返済総額に大きな差が出ます。
ローンの選び方の基本として「低金利の商品を選ぶ」という考え方がありますが、バンクイックはそれに適合するおすすめローンのひとつです。

また、総量規制の対象外ですので年収の1/3を超えての融資もしてもらえます。
ただし、最近は貸し過ぎを防止するために、高額貸し付けを行わない傾向になりつつあります。
それでも自主規制で抑えているだけですので、ステータスが高い人に対しては、年収の1/3を超えて融資をしてくれることもあります。

アコムとバンクイックのどっちがいい?

アコムとバンクイックの比較を行ってきましたが、どちらを選ぶべきか見えてきたでしょうか。
両者は消費者金融と銀行ですので、選び方はとても簡単です。
公務員や大手企業に勤めているのであれば、その好条件を利用して、低金利のバンクイックを選びましょう。
少しでも多く借りたい人、年収の1/3以上借りたいという人もバンクイックを選んでください。

それほど大きくない企業に勤めている場合や、勤続年数が少ないという場合には審査に通りにくくなります。
そういう場合は、審査通過を優先してアコムでの借入がおすすめです。
自分のステータスに合わせて、最適なローンを選びましょう。